オクイズムの鬱々ジャズ喫茶オンライン~うつ病ADHD男視点

大人の発達障害(ADHD)とうつ病を申告された男の面白おかしな闘病日記・音楽(主にジャズと'60~'80ロック)をご紹介します♪ / たま~に職業のSE(主にRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)開発)についても呟きます!

●三文日記●2020/8/3 ~【音楽レビュー】ドン・チェリー/ライブ・アット・ブラックネル・ジャズ・フェスティバル1986

コレ聴きました

Don Cherry「Live At Bracknell Jazz Festival 1986」

1986年ライブ録音。パーソネルはドン・チェリー(tp,ngoni,p,vo)、カルロス・ワード(as,fl)、マーク・ヘリアス(b)、エド・ブラックウェル(ds)、ナナ・ヴァスコンセロス(perc,Berimbau,vo)。ラジオ放送用の録音なので音質も良好。各楽器の音が良く聞こえます。

アンサンブルとソロ回しがハッキリとした曲構成の曲が多く全体的に聴きやすいです。

そういった意味でカルロス・ワードのプレイがかなり堪能できます。またベースの人も良くは知らないのですがかなりの腕らしく結構聴かせます。時々変なレロレロ~ア~ア~という変なヴォーカルが入るのですがチェリーの声ではないのでナナでしょうね。ブラックウェルのプレイも素晴らしいのですがチェリーを年代追って聴いているとかなりの頻度で登場するのでちょっと聞き慣れちゃいました笑。

民族楽器が登場する曲もありここでもエキゾチックな雰囲気が楽しめます。

ヴォーカルもデュオでかけあいなんかしていてかなりご機嫌です。

これ一枚でストレートなジャズとエキゾチックなジャズ(?)の両方を楽しめる楽しいアルバムです。

 

 

 

Live At The Bracknell Jazz Festival [Analog]

Live At The Bracknell Jazz Festival [Analog]

  • アーティスト:Don Cherry
  • 発売日: 2018/04/20
  • メディア: LP Record
 

 

コンな日でした

今日は持病というか時々発症する手首痛が両手首に出てつらかったです。寝た体勢とか変な動きでおもーい体の体重を一点で支えると発症するような気がします。

妻と息子が過度にセミが嫌いなのですが、今朝庭の柳の木の届く位置にセミがくっついていたので先日100円均一で買った虫取り網で捕まえて、透明なビニールケースに入れて逃げないようにしてから、妻たちに近づいて見させるというショック療法をしました。妻は愛着が湧いたみたいで多少は慣れたみたいです。妻は先日庭作業をしていてセミにビックリして転倒し網戸を破壊したので、今後はそういうことが無いと良いと思います。息子は相変わらずビビりっぱなしでした。これは時間がかかるなあ。

 

コレ食べました

・酢豚

・スモークチキン

・赤飯