オクイズムの鬱々ジャズ喫茶オンライン~うつ病ADHD男視点

大人の発達障害(ADHD)とうつ病を申告された男の面白おかしな闘病日記・音楽(主にジャズと'60~'80ロック)をご紹介します♪ / たま~に職業のSE(主にRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)開発)についても呟きます!

●三文日記●2020/3/28 ~【音楽レビュー】バド・パウエル/ホット・ハウス

コレ聴きました

Bud Powell「Hot House」

1964年ライブ録音。パーソネルはバド・パウエル(p)、ジョニー・グリフィン(ts)、ガイ・ハイアット(b)、ジャキューズ・ジャーバイス(ds)。

CD帯の文句には「ジョニー・グリフィンを擁してピアノも冴えるバド・パウエルの名盤」的なことが書いてありましたが、録音がポータブルモナラルレコーダーで行われており状態としてはあまり良くありません。音質は割とイイのですが音のバランスがいまいち。ジョニー・グリフィンの豪快なテナープレイは存分に楽しむことができるのですが、ピアノの音量があまりにも小さい。のに関わらずバド・パウエルのうなりがあまりにもうるさい笑

ボクなんかはうなりも聴けるか無視できる方だと思っていたのですが、このアルバムは脳(耳)をピアノの音にスイッチするのが大変でした💦

気が散りすぎて昼に聴いて寝落ち、夜に聴いて寝落ちといった具合に聞き通すのに一苦労しました💦

うなりも気概を感じられてはたまにはいいですがピアノと同じかそれ以上の音量でずーーっとやられたらちょっとまいっちゃいますよね。

確かにピアノプレイは冴えているのでしょうけれど、そういったこともあって、とても人にすすめたり、名盤とうたえるような内容ではないと感じました。

まあ、ボクの修行が足らないだけかもしれませんが…。

ホット・ハウス

ホット・ハウス

 

 

コンな日でした

外出自粛要請もあり、まあ要請が無くてもなのですが、天気もあまり良くないので、一日中家にいました。

 

コレ食べました

・オクラ納豆キムチ豆腐

・クラゲサラダ

・ハーブウィンナー