オクイズムの鬱々ジャズ喫茶オンライン~うつ病ADHD男視点

大人の発達障害(ADHD)とうつ病を申告された男の面白おかしな闘病日記・音楽(主にジャズと'60~'80ロック)をご紹介します♪ / たま~に職業のSE(主にRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)開発)についても呟きます!

●三文日記●2020/3/31 ~【音楽レビュー】バド・パウエル/アット・ザ・ゴールデン・サークルvol.1

コレ聴きました

Bud Powell「At The Golden Circle vol.1」

Swedish Pastry

Swedish Pastry

1962年ライブ録音。パーソネルはバド・パウエル(p)、Torbjorn Hultcrntz(読み方不明) (b)、Sune Spangberg(読み方不明) (ds)。

この時期の録音では好調と目されるシリーズ物です。

まず最初に引用から

バド・パウエルを初めて耳にするとき、彼のいったいどこがそんなに特別なのか、それを理解するのは簡単ではない。
というのは、彼の演奏は他のみんなの演奏と似たように聴こえるからだ。

それは実のところ、他のピアニストがみんなバド・パウエルのように弾いているから過ぎないのだが。

 ーーーージェフ・ダイヤー著「バット・ビューティフル」より

ということでバド・パウエルを真に楽しむことは難しいように思います💦

というわけで、ボクのようなペーペーは無理してその心髄に迫ることはせずに、あくまでも表面的に彼の音楽を楽しみたいと思います💦

といった目線(?)で聴いたとき、ここに収められている音楽に特に崩れた印象はなくごくごくご機嫌な音楽が聴くことができます。ほのぼのと言ってイイくらい思います。

バド・パウエル好調不調の波が激しかったとのことですが、逆に不調時を収めた音源ってどれになるんですかね?ちょっと検索してもあまり見あたりませんでした(名盤はゾロゾロ出てくるのですが)。

全盛期といわれる時代の超絶技巧的な高速なフレージングやアドリブの冴えや閃きといった点ではここで聴かれる演奏は確かに凡庸に聞こえるかもしれませんが、精神状態と演奏技術ってそんなにリンクしますかね?まあ麻薬やったりして体調も良くなかったのかも知れませんが(若くして無くなってますしね)。

ボクには単に演奏スタイルがよりマイルドになったのだと思えてなりません。

このアルバムの中で特に印象に残ったのは冒頭「スウィデッシュ・パストリィ」や「リラクシン・アット・カマリロ」の躍動的な演奏と「アイ・リメンバー・クリフォード」のかなりスローな演奏とのコントラストでしょうか。よくもまああんなスローに演奏してここまで聴かせるなあと感心しました。この演奏は他に類を見ないのではないでしょうか。

 

 

コンな日でした

雨の降ったり止んだりした不安定な天気でしたね。天気が良くないと体調が悪くなります。仕事はちょっと中抜けみたいな感じで忙しくなかったので休み休み仕事しました。

 

コレ食べました

盛岡冷麺

 

●三文日記●2020/3/30 ~【YouTube動画】FLOWER FLOWER

コレ聴きました


FLOWER FLOWER「夢」Yume - Music Video (Full ver.)


Sly and The Family Stone "Que Sera Que Sera (Whatever Will Be Will Be)"

 

コンな日でした

志村けん新型コロナウイルスによる肺炎によりお亡くなりになりましたね。

ボクはドリフとか加トちゃんけんちゃんとかのドストライクな世代ではないですが、ドリフの再放送や特番は見てましたし、バカ殿や志村けんのだいじょうぶだぁなどは幼少期によく見ていてだいぶ笑わせてもらいました。そういった意味でボクのお笑い趣向の基盤であり志村けんはボクのヒーローの一人でした。

70歳の突然の死というのはあまりにもショックで心にポッカリ穴が空いたようです。

仕事にもみがはいりませんでした。

今晩は平日でしたが特別に志村けんの死を悼んで献杯しました。

 

コレ食べました

・すしセット

 

●三文日記●2020/3/29 ~【音楽レビュー】バド・パウエル/バウンシング・ウィズ・バド

コレ聴きました

Bud Powell「Bouncing with Bud」


Bud Powell "Bouncing With Bud"

※音源はイメージ

 1962年ライブ録音。パーソネルはバド・パウエル(p)、ニールス・ペデルセン(b)、ウィリアム・スチオフ(?読み方曖昧)(dr)。

パウエルの力強いタッチのピアノプレイが堪能できる良い盤だと思います。不調といわれる録音を聴いたことが無いので、好不調の具合はわからないのですが聴く限りかなり好調なのではないかと思います。所謂好調時期の40年代末から50年代最初のアルバム(具体的には「ジ・アエイジング・バド・パウエルVol.1」)と比べると確かに早い指運びには衰えがみえますが、それでも時たまハッとするような早いメロディーを奏でたりするし、なによりピアノのタッチが力強くグイグイ一心不乱に演奏するさまは気迫を感じざるを得ません。

他のバド・パウエルのフォロワーは流ちょうな流れるような右手の指運びは特徴的ですが、ここまで重い音色と一心不乱さというのはあまりみられないと思うので、流石は本家本元ですね。

あとこの盤で特筆すべき点は当時若干14歳のペデルセンの奮闘ぶりでしょうか。解像度は低いもののその早いパッセージが特徴的で、ペデルセンもまとめて聴いたことが無いので比較することは出来ませんが、当時でも十分神業と言える演奏なのではないでしょうか。バッキングでも趣味がイイのがうれしいですね。

気軽に聴こうと思えばご機嫌ですし、じっくり聴いても味がある、かなりオススメできる一枚だと思います。

Straight No Chaser

Straight No Chaser

  • provided courtesy of iTunes
バウンシング・ウィズ・バド

バウンシング・ウィズ・バド

 

 

コンな日でした

雪が降りましたね。息子が興奮して、降っている最中に外に妻と出かけて小さな雪だるまを作って遊んでいました。午後には雨になってしまったので、作った雪だるまも溶けてしまいました。儚いものですね。

 

コレ食べました

お好み焼

・サバの塩焼き

・塩昆布キャベツ

 

 

●三文日記●2020/3/28 ~【音楽レビュー】バド・パウエル/ホット・ハウス

コレ聴きました

Bud Powell「Hot House」

1964年ライブ録音。パーソネルはバド・パウエル(p)、ジョニー・グリフィン(ts)、ガイ・ハイアット(b)、ジャキューズ・ジャーバイス(ds)。

CD帯の文句には「ジョニー・グリフィンを擁してピアノも冴えるバド・パウエルの名盤」的なことが書いてありましたが、録音がポータブルモナラルレコーダーで行われており状態としてはあまり良くありません。音質は割とイイのですが音のバランスがいまいち。ジョニー・グリフィンの豪快なテナープレイは存分に楽しむことができるのですが、ピアノの音量があまりにも小さい。のに関わらずバド・パウエルのうなりがあまりにもうるさい笑

ボクなんかはうなりも聴けるか無視できる方だと思っていたのですが、このアルバムは脳(耳)をピアノの音にスイッチするのが大変でした💦

気が散りすぎて昼に聴いて寝落ち、夜に聴いて寝落ちといった具合に聞き通すのに一苦労しました💦

うなりも気概を感じられてはたまにはいいですがピアノと同じかそれ以上の音量でずーーっとやられたらちょっとまいっちゃいますよね。

確かにピアノプレイは冴えているのでしょうけれど、そういったこともあって、とても人にすすめたり、名盤とうたえるような内容ではないと感じました。

まあ、ボクの修行が足らないだけかもしれませんが…。

ホット・ハウス

ホット・ハウス

 

 

コンな日でした

外出自粛要請もあり、まあ要請が無くてもなのですが、天気もあまり良くないので、一日中家にいました。

 

コレ食べました

・オクラ納豆キムチ豆腐

・クラゲサラダ

・ハーブウィンナー

 

●三文日記●2020/3/27 ~【音楽レビュー】フレディ・ハバード&ウディ・ショウ/ジ・エターナル・トライアングル

コレ聴きました

Freddie Hubbard & Woody Shaw「The Eternal Triangle」


The Eternal Triangle - Freddie Hubbard / Woody Shaw

The Eternal Triangle

The Eternal Triangle

1987年録音。パーソネルはフレディ・バラード(tp,flh)、ウディ・ショウ(tp)、ケニー・ギャレット(as,fl)、マルグリュー・ミラー(p)、レイ・ドラモンド(b)、カール・アレン(ds)。

ハバードとショウの共演盤としては二枚目(そして最後)、前の録音から二年が経過しています。

前作とくらべると、やはりショウが元気ないような気がします。

それでも何気にケニー・ギャレットとかもかなり聴き所多いし楽曲もいいので、さすがはブルーノート、かなり聴ける一枚と思いました。

Eternal Triangle

Eternal Triangle

 

 

コンな日でした

今日は体調が優れずかなり休み休み仕事をしました。これでもバレないので在宅も悪くないですね。

今週末の外出自粛要請の影響で食料品などの買い占めがうちの近所のスーパーでもあるようです。うちの妻は普段の買い物でスーパーに行ったのですがボクの好きそうな辛いインスタント麺を買ってきてくれて「気が利くね」なんて言ったら「これしかなかったのよ」なんて言ってました。こういうときに辛いものが食べられると強いですね笑

 

コレ食べました

・スモークチキン

・煮豚

・刺身(中トロ)

〆にインスタント麺を食べました

 

●三文日記●2020/3/26 ~【音楽レビュー】フレディ・ハバード&ウディ・ショウ/トランペット伝説

コレ聴きました

Freddie Hubbard & Woody Shaw「Double Take」


Freddie Hubbard & Woody Shaw - Desert Moonlight

Desert Moonlight

Desert Moonlight

1985年録音。パーソネルはフレディ・ハバード(tp)、ウディ・ショウ(tp)、ケニー・ギャレット(as,fl)、マルグリュー・ミラー(p)、セシル・マクビー(b)、カール・アレン(ds)。

ライバル関係ともいえる二人のトランペッターの夢の共演(競演)盤です。

こうやって並べて聴いてみると、やっぱりプレイスタイルが違うなーと思ったりもするのですが、バラード曲になるとどっちが吹いているのかわからなかったりして、まだまだ修行がたらないなあと思う次第です。

聞き分けのポイントとしてはハバードがファンキーで明るい音色、フレーズで良い意味で乱暴なプレイスタイルなの対してショウは音の隅々まで端正で丁寧に吹き上げることとお得意の高低差のある高速フレーズを連続させることでしょうか。この聞き分けはバラード曲には当てはめれないので聞き分けできないといった次第です。

とはいえ特に聴き分けなくてもアルバム通して緩急ある楽曲がそろっており演奏もご機嫌なので大変楽しめると思います。

Double Take

Double Take

 

 

コンな日でした

とりあえず動くRPAプログラムができました。上司に確認のお願いをしたところいくつか修正があったので対応します。

 

コレ食べました

・チキンステーキ(トマトソース)

 

●三文日記●2020/3/25 ~【音楽レビュー】ウディ・ショウ/イマジネーション

コレ聴きました

Woody Shaw「Imagination」


Woody Shaw - Imagination

If I Were a Bell

If I Were a Bell

  • ウディ・ショウ
  • ジャズ
  • ¥255

1987年録音。パーソネルはウディ・ショウ(tp)、スティーブ・トゥーレ(tb)、カーク・ライトセイ(p)、ロイ・ドラモンド(b)、カール・アレン(ds)。

ショウのリーダーアルバムとしては生涯最後の作品です。トゥーレのトロンボーンが良く聴けるのがうれしいですね。ショウの冴えは陰りを見せているように感じますが、それが繊細な表現に繋がっている聴きやすいアルバムだと思います。このアルバムもショウによる作曲はありませんね…。

「イフ・アイ・ワー・ア・ベル」マイルスの演奏で有名な一曲。チャーミングなテーマが印象的。音の力強さに陰りをかんじさせますがフレージングは縦横無尽。トロンボーンのちょっとふざけたような節回しが面白くてグッド。ドラムソロとのソロ合戦。この展開は定番ですね。

「イマジネーション」非常に穏やかな美しい曲。ショウもかなりしっとりと聴かせます。転調してちょっと明るい展開に。ここでもかなり丁寧にフレージングを展開します。

「ダット・ディア」ファンキーな曲なのですが、あまりファンキーファンキーしていないのがショウらしいとも言えますね。雰囲気があってイイ曲です。

「ユー・アンド・ザ・ナイト・アンド・ア・ミュージック」カッコイい感じのテーマと同じテンションのソロが繰り広げられます。

「ストーミー・ウェザー」オシャレな雰囲気の曲。トゥーレのカップを使ったプワワーンとした音色の演奏がちょっと気だるい雰囲気をだしていていいですね。

「スティーブス・ブルース」楽しい雰囲気のテーマの曲でソロも軽快です。

ひとまずウディ・ショウ祭りは終了。いやー、ウディ・ショウは素晴らしいアーティストですね!

Imagination

Imagination

 

 

コンな日でした

今日も粛々とRPAプログラムを作成しました。

 

コレ食べました

・豚しゃぶ鍋