オクイズムの鬱々ジャズ喫茶オンライン~うつ病ADHD男視点

大人の発達障害(ADHD)とうつ病を申告された男の面白おかしな闘病日記・音楽(主にジャズと'60~'80ロック)をご紹介します♪ / たま~に職業のSE(主にRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)開発)についても呟きます!

●三文日記●

●三文日記●2020/7/11 ~【音楽レビュー】ロバート・グラスパー他/ディナー・パーティー

コレ聴きました Robert Glasper etc.「Dinner Party」 2020年スタジオ録音。便宜上ロバート・グラスパーの名前で取り上げましたが誰がリーダーということはなく、パーソネルはロバート・グラスパー、テラス・マーティン、カマシ・ワシントン、9th ワンダー、…

●三文日記●2020/7/10 ~【音楽レビュー】ドン・チェリー/永遠のリズム

コレ聴きました Don Cherry「Eternal Rhythm」 1968年スタジオ録音。パーソネルはドン・チェリー(cornet, gender and saron (gamelan), Bengali, flute in A, bamboo flute in C, metal flute in B flat, plastic flute in C, Haitian Guard, Northern Bells…

●三文日記●2020/7/9 ~【音楽レビュー】ドン・チェリー/スタジオ105, パリ1967

コレ聴きました Don Cherry「Studio 105, Paris 1967」 1967年多分スタジオ録音。でも演奏後に歓声が聞こえるのでスタジオライブだったのかな?パーソネルはドン・チェリー(cornet,p,bamboo flute,gong)、ジャック・トロ(ds, bells, Timbales)、カール・バー…

●三文日記●2020/7/8 ~【音楽レビュー】ドン・チェリー/ウェアー・イズ・ブルックリン?

コレ聴きました Don Cherry「Where Is Brooklyn ?」 1966年スタジオ録音。1969年リリース。パーソネルはドン・チェリー(cornet)、ファラオ・サンダース(ts,piccolo)、ヘンリー・グライムス(b)、エド・ブラックウェル(ds)。 ドン・チェリーの今までのリーダー…

●三文日記●2020/7/7 ~【音楽レビュー】ドン・チェリー/即興演奏家のためのシンフォニー

コレ聴きました Don Cherry「Symphony for Improvisers」 1966年スタジオ録音。パーソネルはドン・チェリー(cornet)、ガトー・ガブリエリ(ts)、ファラオ・サンダース(piccolo,ts)、カール・バーガー(vib,p)、ヘンリー・グライムス(b)、J.F.ジェニー・クラー…

●三文日記●2020/7/6 ~【音楽レビュー】ドン・チェリー/ライブ・アット・カフェ・モンマルトル1966 Vol.3

コレ聴きました Don Cherry「Live At Cafe Montmartre 1966 vol.3」 1966年ライブ録音。パーソネルはドン・チェリー(cornet)、ガトー・ガブリエリ(ts)、カール・バーガー(vib)、ボー・スティーフ(b)、アルド・ロマーノ(ds)。 発掘物のライブ録音。多分ラジオ…

●三文日記●2020/7/5 ~【音楽レビュー】あいみょん/AIMYON 弾き語りTOUR 2020 “風とリボン” supported by 淡麗グリーンラベル

コレ聴きました あいみょんの無料の無観客ライブ生配信を観ました。あいみょんは良いですよね。 あらためて曲よし声よし表現よしと思いました。言葉に力がありますよね。歌唱も微妙にくずしていますがあふれる感情が伝わってきてそこもソウルフルで良いです…

●三文日記●2020/7/4 ~【音楽レビュー】ドン・チェリー/ライブ・アット・カフェ・モンマルトル1966 Vol.2

コレ聴きました Don Cherry「Live At Cafe Montmartre 1966 vol.2」 1966年ライブ録音。パーソネルはドン・チェリー(cornet)、ガトー・ガブリエリ(ts)、カール・バーガー(vib)、ボー・スティーフ(b)、アルド・ロマーノ(ds)。 発掘物のライブ録音。多分ラジオ…

●三文日記●2020/7/3 ~【音楽レビュー】ドン・チェリー/ライブ・アット・カフェ・モンマルトル1966 Vol.1

コレ聴きました Don Cherry「Live At Cafe Montmartre 1966 vol.1」 1966年ライブ録音。パーソネルはドン・チェリー(cornet)、ガトー・ガブリエリ(ts)、カール・バーガー(vib)、ボー・スティーフ(b)、アルド・ロマーノ(ds)。 発掘物のライブ録音。多分ラジオ…

●三文日記●2020/7/2 ~【音楽レビュー】ドン・チェリー/トゥギャザーネス

コレ聴きました Don Cherry「Togetherness」 1965年スタジオ録音。パーソネルはドン・チェリー(cornet)、ガトー・ガブリエリ(ts)、カール・バーガー(vib)、J.F.ジェニー・クラーク(b)、アルド・ロマーノ(ds)。「コンプリート・コミュニオン」よりもこちらが…

●三文日記●2020/7/1 ~【音楽レビュー】ドン・チェリー/コンプリート・コミュニオン

コレ聴きました Don Cherry「Complete Communion」 1965年スタジオ録音。パーソネルはドン・チェリー(cornet)、ガトー・バルビエリ(ts)、ヘンリー・グライムス(b)、エド・ブラックウェル(ds)。後のチェリー作品と比べると小編成ですね。 音楽性としてはまだ…

●三文日記●2020/6/30 ~【音楽レビュー】ブラッド・メルドー/組曲:2020年4月

コレ聴きました Brad Mehldau「Suite: April 2020」 2020年スタジオ録音。パーソネルはブラッド・メルドー(p)のピアノ・ソロ・アルバム。 コロナ禍の世界を捉えた組曲と彼の思い入れのある曲のカバー。 メルドーといえば現役ジャズピアニスト最高峰の呼び声…

●三文日記●2020/6/29 ~【音楽レビュー】ジョン・コルトレーン&ドン・チェリー/ジ・アヴァンギャルド

コレ聴きました John Coltrane & Don Cherry「The Avant-Garde」 1960年スタジオ録音。1966年リリース。パーソネルはドン・チェリー(tp)、ジョン・コルトレーン(ts,ss)、エド・ブラックウェル(ds)、曲によってチャーリー・ヘイデン(b)、パーシー・ヒース(b)…

●三文日記●2020/6/28 ~【音楽レビュー】チック・コリア&ゲイリー・バートン/ホット・ハウス

コレ聴きました Chick Corea & Gary Burton「Hot House」 2012年スタジオ録音。パーソネルはチック・コリア(p)、ゲイリー・バートン(vib)。一部ストリングス。 このアルバムの特徴というのはなんといっても取り上げている曲がラストの一曲を除いてコリア作で…

●三文日記●2020/6/27 ~【音楽レビュー】チック・コリア&ゲイリー・バートン/ネイティブ・センス:ザ・ニュー・デュエッツ

コレ聴きました Chick Corea & Gary Burton「Native Sense - The New Duets」 1997年スタジオ録音。パーソネルはチック・コリア(p)、ゲイリー・バートン(vib)。彼らとしては4枚目のスタジオ録音。前回が15年前のストリングスとの組曲だったので単純なデュエ…

●三文日記●2020/6/25 ~【音楽レビュー】チック・コリア&ゲイリー・バートン/ニュー・クリスタル・サイレンス②

コレ聴きました Chick Corea & Gary Burton「The New Crystal Silence」② 2007年ライブ録音。パーソネルはチック・コリア(p)、ゲイリー・バートン(vib)。 同デュオ結成35周年を記念したアルバム。二枚組の二枚目。こちらは純粋にデュオです。 35周年企画とい…

●三文日記●2020/6/24 ~【音楽レビュー】チック・コリア&ゲイリー・バートン/ニュー・クリスタル・サイレンス①

コレ聴きました Chick Corea & Gary Burton「The New Crystal Silence」① 2007年ライブ録音。パーソネルはチック・コリア(p)、ゲイリー・バートン(vib)、シドニー交響楽団、指揮はジョナサン・ストックハマー、オーケストラアレンジはティム・ガーランド。 …

●三文日記●2020/6/23 ~【音楽レビュー】あいみょん/裸の心

コレ聴きました あいみょん - 裸の心【OFFICIAL MUSIC VIDEO】 あいみょん – 裸の心 【short movie】 あいみょんはいいですよね。普段歌詞なんて見ないのですがあいみょんの歌詞はロマンと含蓄があっていいですね。 編曲者のインタビュー記事を読んで確かに…

●三文日記●2020/6/22 ~【音楽レビュー】チック・コリア&ゲイリー・バートン/イン・コンサート

コレ聴きました Chick Corea & Gary Burton「In Concert, Zürich, October 28, 1979」 1979年ライブ録音。パーソネルはチック・コリア(p)、ゲイリー・バートン(vib)。レーベルはECM。同デュオの初のライブアルバムにして彼らの最高傑作の誉れ高く奇跡とまで…

●三文日記●2020/6/21 ~【YouTube動画】瑛人、チョコレートプラネット/香水

コレ聴きました 香水 / 瑛人 (Official Music Video) 香水/瑛人 MV再現 (covered by 瑛肩) 元のMVと見比べると面白さ倍増です笑 コンな日でした 今日は昼間に少し晴れ間があったので、息子にせがまれて最寄りの大きな公園に行きました。珍しく子ガモを連れ…

●三文日記●2020/6/20 ~【音楽レビュー】チック・コリア&ゲイリー・バートン/デュエット

コレ聴きました Chick Corea & Gary Burton「Duet」 1978年スタジオ録音。パーソネルはチック・コリア(p)、ゲイリー・バートン(vib)。同デュオの二作目。レーベルはECM。 一作目との違いは演奏により躍動感があること。後は曲が違う、他に言うこと無し、とい…

●三文日記●2020/6/19 ~【音楽レビュー】チック・コリア&ゲイリー・バートン/クリスタル・サイレンス

コレ聴きました Chick Corea & Gary Burton「Crystal Silence」 1972年スタジオ録音。パーソネルはチック・コリア(p)、ゲイリー・バートン(vib)のデュオ。同デュオのファーストアルバムにして名盤の誉れ高い一枚ですね。 アルバムタイトル通りサウンドに透明…

●三文日記●2020/6/18 ~【音楽レビュー】チャーリー・ヘイデン/ソフィスティケート・レディス

コレ聴きました Charlie Haden「Sophisticated Ladies」 2010年スタジオ録音。パーソネルはチャーリーヘイデン(b)、アーニー・ワッツ(sax)、アラン・ブロードベント(p)、ロドニー・グリーン(ds)、ゲストヴォーカルにラッシュ・キャメロン、レニー・フレミン…

●三文日記●2020/6/17 ~【音楽レビュー】チャーリー・ヘイデン/ジ・アート・オブ・ア・ソング

コレ聴きました Charlie Haden「The Art Of A Song」 1999年スタジオ録音。パーソネルはチャーリー・ヘイデン(b)、アーニー・ワッツ(sax)、アラン・ブロードベント(p)、ローレンス・マラブル(ds)、ゲストヴォーカルにシェリー・ホーン(vo)、ビル・ヘンダーソ…

●三文日記●2020/6/16 ~【音楽レビュー】チャーリー・ヘイデン/ナウ・イズ・ザ・アワー

コレ聴きました Charlie Haden「Now Is The Hour」 1995年スタジオ録音。パーソネルはチャーリー・ヘイデン(b)、アーニー・ワッツ(ts)、アラン・ブロードベント(p)、ローレンス・マラブル(ds)そしてオーケストラ(ストリングス)。オーケストラの作編曲・指揮…

●三文日記●2020/6/15 ~【音楽レビュー】チャーリー・ヘイデン/オールウェイズ・セイ・グッドバイ

コレ聴きました Charlie Haden「Always Say Goodbye」 1993年録音スタジオ録音。パーソネルはチャーリー・ヘイデン(b)、アーニー・ワッツ(sax)、アラン・ブロードベント(p)、ローレンス・マラブル(ds)、スペシャルゲストに一曲ステファン・グラッペリ(violin…

●三文日記●2020/6/14 ~【YouTube動画】ペドロ(アユニ・D)/ゴー・トゥ・ベッド・ツアー・イン・ユア・ハウス(無観客ライブ)

コレ聴きました PEDRO(アユニ・D)「GO TO BED TOUR IN YOUR HOUSE(無観客ライブ)」 生配信と一日限定閲覧なので動画は貼れないのですが、ちょっと観たのでちょっと感想だけ。 結論から言うとあまりこういうマイナスっぽいことは言いたくないのですが、ボクの…

●三文日記●2020/6/13 ~【音楽レビュー】チャーリー・ヘイデン/魅せられし心

コレ聴きました Charlie Haden「Haunted Heart」 1991年スタジオ録音。パーソネルはチャーリー・ヘイデン(b)、アーニー・ワッツ(sax)、アラン・ブロードベント(p)、ローレンス・マラブル(ds)。 サブスクで聴いていて手元にブックレットがないのでアルバムの…

●三文日記●2020/6/12 ~【音楽レビュー】チャーリー・ヘイデン/イン・エンジェル・シティ

コレ聴きました Charlie Haden「In Angel City」 1988年スタジオ録音。パーソネルはチャーリー・ヘイデン(b)、アーニー・ワッツ(sax,per,syn)、アラン・ブロードベント(p)、ローレンス・マラブル(ds)、一曲だけアレックス・クライン(ds)。 チャーリー・ヘイ…

●三文日記●2020/6/11 ~【音楽レビュー】チャーリー・ヘイデン/ザ・プライベート・コレクション②

コレ聴きました Charlie Haden「The Private Collection」② 1987年と1988年のライブ録音。パーソネルはチャーリー・ヘイデン(b)、アーニー・ワッツ(sax)、アラン・ブロードベント(p)、ビリー・ビギンズ(ds)、ポール・モチアン(ds)。 二枚組の二枚目。ドラム…